ホーム > コスメ > 頭皮に影響するシャンプーの成分に注意

頭皮に影響するシャンプーの成分に注意

シャンプーを使用する時は、頭皮に影響する成分があるので注意しなければなりません。

頭皮に影響するシャンプーの成分と言えば、石油合成系界面活性剤があります。

この成分は実際、油と水の合成を助ける物質として多くのシャンプーに使用されています。

実はこの成分は環境汚染物質で、高い親水性と親油性があり、頭皮に必要な脂質まで洗い流してしまう危険性を秘めています。

また、高い浸透性があるので、頭皮と毛根、毛細血管にダメージを与える危険性もあります。

頭皮のことを考えると、石油合成系の界面活性剤を使用しているシャンプーは避ける必要があります。

また、アルカリ性の成分のシャンプーを継続的に使うと、頭皮は常にトラブルを起こしやすい環境になるので注意しなければなりません。

特に石鹸にはアルカリ性の商品が多いので、商品を選ぶ際は十分注意して選ぶ必要があります。

頭皮の影響を考慮するなら、シャンプーは、天然成分配合のものを使用することです。

天然成分であれば、皮膚への浸透も少なく刺激も少ないです。

もう一つのポイントとしては、pH値が弱酸性のものを選ぶことです。

人間の皮膚のpH値は約4.5~6.0程度の弱酸性で、このpHバランスがくずれると、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えることになります。

無添加マイナチュレ・シャンプー

 


関連記事

  1. まつ毛の貧毛治療に

    エクステ、まつ毛パーマなどでまつ毛が短くなってしまったり、抜けてしまったりと、ま...

  2. 頭皮に影響するシャンプーの成分に注意

    シャンプーを使用する時は、頭皮に影響する成分があるので注意しなければなりません。...

  3. テスト

    テスト記事です。...